不思議

2次世界大戦を'ドイツ'が勝ったと主張する'時間旅行者'

自分を時間旅行者だと主張した男性が"ドイツが2次世界大戦で勝利したが、タイムマシンを乗って連合軍を助けて歴史を操作した"と言って話題です。 スポンサードリンク // 最近、英国日刊紙エクスプレスは'グルロボス'という秘密実験室で勤務していたと主張す…

1万年前に描かれた洞窟壁画に宇宙飛行士出現

インド、チャラマ洞窟に残っていた壁画は、宇宙飛行士と考えられた住民によって描かれたのだろうか? 人類が文字と車輪を発明した時代に遡るその壁画には、宇宙服のようなものを着ていて、顔の表情を垣間見ることができない不気味な人間型生物と空飛ぶ円盤が…

世界に残された5つの未解決の謎

人生においていくつかの必要なもの...それは謎である。 すべてを知ってしまったらとても楽しいなく、謎が残っているので、もっと考えるようになり、世界の不思議と謎を考えている間は、日常の面倒な細かい問題をしばらく忘れることができ、より大局的に考え…

地球上空に存在する巨大なプラズマチューブ

その存在はずっと疑いされてきたが、地球を覆う磁気圏の内層でチューブの状態のプラズマ構造の視覚的な証拠が捕捉されたのは、2015年のことである。 スポンサードリンク // 「60年以上も、科学者はその存在を信じてきたが、それを初めて撮影したもので、実際…

北極トナカイの群れの不可思議した行動

動物の集団行動には、人間は理解できない不可思議したことがあるが、最近、ロシアコラ半島で目撃された不思議な現象が話題になっている。 事実これは、ミステリーサークル風はじゃないか、そのままぐるぐる回っているトナカイの無理だということだ。 目の平…

まだ解明されていない"変な月の写真"5枚

去年今まで私たちが考えていたのとは違い、月の地下に多くの水が存在するというのが発見されました。 メディアの報道を通じて大きな話題になったんです。 しかし、月の魅力は科学的な興味が全てではありません。 それで今回は今まで撮影された変な月の写真を…

世界で最も不思議な島5ヵ所

1. 宇宙人の基地かもしれない。 ディアイ(アルゼンチン) 2016年, グーグルマップで変な形の島が発見されました。 湿地にあったこの島は、直径120メートルの完璧な巨大原型となっています。 その原型の外側では水路が敷かれており、三日月模様になっています…

絶対に行けばならない世界で最も危険な森5ヵ所

世界の多くの人たちが週末旅行を通して森を探検計画しているんですが。 こうした旅は、一週間の過度なストレスを飛ばしてしまっための最適の方法になることができます。 また、何か知ることができない秘密や危険性が潜んでいる森なら、もっと興奮させたりし…

科学者も説明できない妙な場所5

5. 悪魔の海 ドラゴンの三角地帯(Dragon's Triangle)は、太平洋日本とし、近くにあり、世界中12個のミステリーな地域(Vile Vortices)の一つです。 ここは地球の電磁波がもっとも強いところといいますが。 この悪魔の海は、フィリピン海の主要部分を含めて日…

幻想の島"アトランティス"だろうか。 グーグルアースで発見された神秘の海底地域

古代ギリシャの哲学者プラトンが彼の著書で記述した大西洋に浮かぶ島"アトランティス"。 そこは世界を支配できるほどに発展した国家だったが、ゼウスの怒りを買って海の中にチムムルなったとします。 この伝説的な都市は大災害によって一日朝に海中に没した…

グーグルマップで発見された鬼気迫る光景5つ!

世界の素晴らしい風景を見ることのできる、グーグルマップだが、たまに変な光景が撮られる場合もあります。 以前にグーグルアースで撮影された不思議な写真に続いて今回はグーグルマップで発見された不気味な写真を集めてみました。 スポンサードリンク // 1…

死に至らせる本が大学の図書館で発見

デンマーク南部、デンマーク大学図書館に所蔵されていた歴史に関する3冊の本を蛍光レントゲン検査で分析して調査した研究者らは、本の表紙が高濃度のヒ素を含んでいることを発見した。 スポンサードリンク // 研究陣は最初から本に毒が隠されていることを知…

実際には存在するが、見えない?

人間は雪を通じて事物を眺めて、その情報をもとに解釈して判断します。 ところで、この視野には'死角'というものが存在するのですが。 視野の範囲で完全に外れたり、あるいはどのようなものがその場に存在するが、角度や距離によって見えない範囲をいいます…

月せいで地区の一日は長くなっている

月がゆっくりと私たちから離れ、地球の一日は長くなっているという。現在45億殺人月は地球から約38万5000キロ地点にある。 しかし、地球と月との間に作用する潮汐力のために、年間3.82センチという割合でゆっくり螺旋形を描きながら遠ざかっている。 そのた…

死亡したと言うが、実際に遺体が確認されていない人物

現代人はすべてをよく知っているように勘違いしている。 記録もある。 法医学証拠もある。 考古学によって、過去に遡ることもできもある。 しかし、答えられない謎が残っているということが真実なのだ。 その謎の一つが人々の死に関するものである。 ここに…