58人の科学者が一ヵ月間探査し、採集した'深海生物'10つ

f:id:bryan0230:20180627104633j:plain

科学者たちによると、人類が海中の神秘を明らかにしたのはわずか5%しかならないとします。 深い深海は宇宙と同様に未知の領域であります。

 オンラインメディアボオドゥパンダで58人の科学者で構成されたオーストラリアの海洋探査チームが一ヶ月間の探査後、採集した興味深い海の生き物を紹介しました。

 


スポンサードリンク
 

オーストラリアの科学者らがオーストラリア沿岸の水深4,000~6,000mの間まで探査したのは今回が初めてといいますが。 深い海中にはある生物たちが住んでいますでしょうか。

f:id:bryan0230:20180627104717j:plain

1. ピーナッツ虫

ピーナッツ虫は男性の生殖器官を似てるです。 脅威を受ければ、体を収縮させてピーナッツのように体を小さく作ることができると考えます。

 

f:id:bryan0230:20180627104805j:plain

2. ガラススポンジ

 ひと目で見た目にも変な造作のこの深海生物はまるで網状の構造の骨格を持っています。 クラブでこしように海水に存在するバクテリア単細胞生物などを食べて生きます。

 

f:id:bryan0230:20180627104905j:plain

3. クッキーカッターサメ

 自ら光を出すこのサメはきれいな形の歯車歯を持っています。 水深1,000mに住んでいる深海生物です。 目に見えるものは何でも食べる習性を持ちました。

 

f:id:bryan0230:20180627105019j:plain

4. レッドのとげカニ

このカニは天敵から自分を保護するため、甲冑のような樹皮ととげを持っています。

 科学者たちは一般カニよりサザエカニとより関係が深いと説明しました。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180627105956j:plain

5. 滴魚

 鈍そうな感じの容姿を持ったこの深海生物は水深2,500mで捕まりました。 アンコウのようにぶよぶよ体を持っており、容姿らしく餌が通り過ぎるまで待ち伏せして狩りします。

 

f:id:bryan0230:20180627110136j:plain

6. コフィン(Coffin)魚

 悔しいことをやられたように口をとがらせているような姿が印象的ですね。 新たに発見され一日中可能性があるとします。

 

f:id:bryan0230:20180627110251j:plain

7. ダンボタコ

 死んだように垂れているこの深海生物は赤んぼう象ダンボと似てダンボタコという名前を持つようになりました。

 

f:id:bryan0230:20180627110351j:plain

海中ではこんなに可愛い姿をしています。

 

f:id:bryan0230:20180627110425j:plain

8.トカゲ魚

 深海で捕食者として生きることは決して簡単なことではありません。 食べることがほとんどないためです。 このトカゲ魚はまれな紙と言いますね。

 

f:id:bryan0230:20180627111322j:plain

9. 顔のない魚

 イイダコを連想させるこの深海生物は水深4,000mで発見されました。 この鐘は140年余り前、世界初の海洋探査船HMSのチャレンジャー・号が航海中初めて発見したとします。

 

f:id:bryan0230:20180627111438j:plain

10. 海ドェジテ

ナマコに似たこの生物はチューブ型の足を利用して泥をかいくぐって歩き回りながら海を掃除するそうです。 やはり深い海中は不思議ですね。

 


スポンサードリンク