科学者たちが作った猫を楽に作ってくれるという音楽

f:id:bryan0230:20180707104702j:plain

音楽は人の心を慰めてあげます。音楽は人の心を慰めてあげます。昔から人々は音楽と一緒に暮らしてきており、すきなメロディーを聞くことだけでも力を得られました。

動物たちも音楽を聞けば癒さ効果を得られるというのが、これまでの研究を通じて知ることができたが、それが人間が聞く音楽が好きだという話はありません。

ウィスコンシンメディスン大学、メリーランド大学の研究員たちは猫が音楽にどのような反応を見せるのかを確認するため、猫のための音楽を作曲したと言うのにです。 そして、ついには猫たちが満足している音楽を作りだしたとします。


スポンサードリンク
 

 

猫が好きな音程やリズム

 

"猫本来の発声に注目して私たち人間の音楽を彼と同じ周波数範囲に合わせてみました。

これは人間の声より一オクターブ程度高い声です。"と論文の首席著者であるチャールズ・スノーデン氏さんは言います。
人間が聴く音楽のドラムビートは心臓の鼓動を模倣して誕生したと知られているです。

猫の音楽は彼らが関心を持っているもののテンポを利用したとします。
例えば、猫がグルルン距離は音のテンポと猫が乳を飲み始めるときのテンポと申します。

 

猫の泣き声にはすべり周波数が多く使われているために、猫の音楽は人間の音楽よりもっとたくさん滑ったような感じのメロディーが使われたとします。

下記の映像で曲の一部を聴くことはできます。


スポンサードリンク
 

猫は人間の音楽に興味を持っていない。

 

研究チームは猫のための音楽を47匹の飼い猫たちに聞かせたとします。
そして反対に人間のクラシック音楽家バッハの"G線上のアリア"とフォーレの"エレジー"を聞かせました。

この二つを比較してどのような差があるのかを観察したとします。

観察結果、猫たちは人間の音楽には何の反応も示さなかったが、猫の音楽を聞かせた時は何か落ち着かずできず、スピーカーに迫って自分の体をこすりつけたりもしたそうです。

こうした行動はそれを望んでいるということを示すものといいますが。

 猫のための音楽は、家や動物病院などで猫を落ち着かせる新しい方法で利用される可能性があるとします。

f:id:bryan0230:20180707105043j:plain

"この結果は、人間以外の動物の聴覚を豊かにするための適切、新たな方法であることを意味する。"と論文に記録されました。

 下の動画はこの音楽を聞いている猫の反応と申します。


スポンサードリンク
 

 

この音楽をすべての猫たちが好きなのではないが、少なくとも安定感を感じる猫もいるということです。

 共同執筆者であるデヴィッド・テウ(David Teie)さんは、以前にも猿のために特別に作った音楽を通じてこのようなことを証明したりもしました。

研究チームはこの研究が別の種にも適用できる音楽を作ることができる基礎資料になって欲しいなって思っています。