狭い空母から戦闘機が離陸できた理由

 

航空母艦の定義は、航空機の母体となっている船、海の上を歩いた飛行場程度だと見られる。 現存する最も強力な通常戦力利子、やる気さえあれば、全世界どこへでも数時間以内に打撃が可能な唯一無二した最も強力な兵器と評価されするのがまさに空母だ。


スポンサードリンク
 

 

最大限多くの艦載機を搭載するため、独自的な防御能力を放棄し、ほとんどの甲板を飛行用として作った作った。

 

 

米国が保有している航空母艦台数はニミッツ級航空母艦が11隻、ヘリと垂直離着陸戦闘機を運用できる上陸強襲することが9隻と、世界の航空母艦保有台数のうち1/3を占めている。 それだけ航空母艦と艦載機運用ノウハウが豊かするだけでなく、ニミッツ級航空母艦を代替するジェラルド・R.フォード級航空母艦も建造中にある。 普通のニミッツ級航空母艦が最大に搭載する航空機は約90ここ、332メートルの長さと76メートルの幅を持った短い航空母艦の飛行甲板から艦載機はどのように離陸できるのか?

 


スポンサードリンク
 

 

航空母艦自体にも秘密が隠されているが、航空母艦に搭載される艦載機も秘密が隠されている。 米海軍に主力艦載戦闘攻撃機であるスーパーホーネット、F/A-18E/Fは米海軍の提供、大地、電子戦を総括する戦闘機だ。

 

 

モジュールシステムを通じて、整備性が優秀で、優れた飛行性能を誇り、価格の安いメリットがあるこの艦載戦闘機は地上滑走路に比べて1/3の長さしかならない航空母艦飛行甲板で離陸して着陸できる耐久性ため、骨組の補強とランディングギアの補強をはじめ、塩分に備えて特殊なコーティングを適用してしまい、極限の海環境に耐えられるように設計された。

 

 

また、限定された空間に多くの艦載機を搭載しなければならず、艦内にあるエレベーターを通じて運搬できるように羽を畳むことができることも特徴であり、短距離離着陸技術人STOLが適用されたことも特徴と見ることができる。 このため、翼の揚力を高める設計とともに高出力のエンジンを搭載する。


スポンサードリンク
 

 

 

艦載機を航空母艦から飛ばすためには専用の艦載機だけではなく航空母艦また、特殊な装置が必要だが、それがまさにカタパルトだ。 最初にカタパルトは射出機という意味を持った爆弾を投げる功兵器に名前だったが、第1次世界大戦後、軍艦に受像機や飛行艇を搭載し始め、最短距離離陸のため、飛行機をサチュルハための装置で導入された。

 

 

航空母艦と艦載機の概念がつき始めたのは第2次世界大戦中に本格的に軍艦に艦載機を用い始め、だったが、当時米軍は油圧式カタパルトを、日本軍は、火薬式と空気式を使用しており、1950年度には現在に最も広く使われている蒸気式カタパルトがイギリスで開発され、標準方式として位置した。


スポンサードリンク
 

 

カタパルトは短距離離陸のために必ず必要な装備であり、走る船の速度とカタパルトの速度を上げて離陸するなら、艦載機の燃料効率が向上するメリットもことに制限された資源を持って運用する航空母艦は必ず必要な射出方式と見られる。

 

 

蒸気式カタパルトは在来式ボイラーあるいは原子力推進を利用する航空母艦で使用が可能であるが高温高圧の蒸気を圧縮し、連結された航空機を級加速させる原理を持っている。

 

基本的に射出能力は40トン程度を発揮するのに標準艦載攻撃機であるF/A-18E/Fの最大離陸重量が30トンであることを考慮する際問題になることはない。 蒸気が充分に供給されたら37秒で新たな艦載機を発進させることができる蒸気が充電されたことで連続発振が可能である。

 

 

勿論短所もいるんだけど蒸気圧が不足した状態で射出なるコールド・ランチ、圧力がとても高く、艦載機とカタパルトが解けてしまいあるホットランチ、高圧の蒸気が漏れ、人命被害が発生する事件など、様々な問題が発生する。

 

それで米軍が代案として開発中の技術が、ほかならぬリニア誘導電動機と電磁石を利用して加速させる電磁式カタパルトを開発、実験中にある。 この電磁式カタパルトは、最新型航空母艦のジェラルド・R.フォード級航空母艦に初めて適用され、新型原子炉であるA1Bの強力な出力のおかげに導入が可能な方式だ。

 


スポンサードリンク
 

 

蒸気式カタパルトが1500トンの重さと120人に達するの運用兵力が必要な反面、半切に人員で十分、出力を調整することができ、艦載機別設定が可能で、原子炉で蒸気パイプを集めて来る必要がないために含意空間を追加的に確保できるようになる。

 

彼によって、従来のニミッツ級航空母艦の乗組員が6千人ほどであるのとは違うように4600人あまりで作戦遂行が可能になるメリットがある。

 

 

艦載機の離陸と同様に着陸また、複雑で難しい技術が必要だが、やっぱり短い飛行甲板のおかげに艦載機自力では着陸ができない。 そうして開発されたものがオレ、スティングとうとうが、着陸時の飛行カプパンに設置したワイヤに艦載機に装着されたかぎを引っ掛けて、弾性を通じて減速する方式だ。

 

艦載機が航空母艦向けに開発されなければならない理由がまさにここにある。 離陸と着陸いずれも機体に大きな負担がいくからだ。

 

 

艦載機は航空母艦に着陸するためオレ、スティングギアが、かかっていなかったり、着陸に失敗する時に備えて着陸と同時にアフターバーナーを作動させて出力を上げる。 したがって、近づいて来て航空機すべて多くのノウハウが必要である。

 

 

このほかにも選手の方の飛行甲板をまるでジャンプ台のように設計して推力偏向板を装着してSTOL方式の艦載機や垂直離着陸機能であるVTOL、短距離離陸および垂直着陸機能があるSTOVL艦載機を発進させることができるスキージャンプ台方式が存在する。

 

 

この方式は普通の船体が小さくて出力が弱い軽空母で主に使用する方法だが、艦載機、自らの推進力とスキージャンプ台の角度を通じた揚力だけで離陸しなければならないために離陸重量に影響をたくさん受けるだけでなく、燃料消費率が大きい短所がある。


スポンサードリンク