先史時代のレヴィアタンランキング5

先史時代、海で巨大な海洋生物たちがその時代を謳歌していた。 その後、地球に氷河期が訪れて大多数の先史時代の動物たちは絶滅していった。

 

5. ドンクルリオステウス(Dunkleosteus)


スポンサードリンク
 

 

ドンクルリオステウスは約9mの戦車とのような固い鎧で覆われた肉食動物。この生物は鮫ほど繁盛しなかったものの、餌が、ディーン動物たちには洒落がならないほど猛威を振るっていた。 ドンクルリオステウスは、歯の代わりに亀に似た骨質のばらつきした"くちばし"を持っていた。

 

食べた市は推定で1平方cm当たり約560kgの力を持ち、ワニとTレックスと同じ水準の歴史上最強の噛む力を持った所有者だったようだ。 その筋肉組織に対する頭蓋骨の痕跡では50分の1秒で口を開くことがあり、まるで断頭台のような口で餌を吸引したものと考えている。

 

 

"歯"を構成していたそのプレートは、進化することによっては強力な顎が切片に分かれて餌をきちんと維持しやすくなっており、強力な手袋を持ったくわえてもかんで食べられるようになった。 太古の海でドンクルリオステウスは肉食スーパータンクのような存在だった。

 

4. クロノサウルス(Kronosaurus)

 

 

クロノサウルスは首が短いプルリオサウルスやリオプレオお金だけでなく、その長さをめぐり論議が起こっている。 9m程度の体長に対して、大きな口の歯は最大約28cm.これが古代ギリシアの神々、自分の子供たちを飲み込んだという伝説のタイタン族の王クロノスを取って名付けられた理由だ。

 


スポンサードリンク
 

 

この生物はオーストラリア海域に生息して、頭は約2.7mの道だったし、人一人を軽く丸ごと飲み込むことができた。 それに子供一人が入る空間があったほど。。。それで彼らの尾鰭が現代の亀と非常に似ているために彼らは地上によじ登って地上で産卵をした可能性があるという。

 

3. ヘリコプリオン(Helicoprion)

 

 

ヘリコプリオンは、成長すれば長さ約4.5mの大きさに到達、"ぜんまい状の歯"になった顎を持っていた。 その外形はトップと鮫を合わせたものと同様の感じ。三角帽子の頭肉食動物と電動工具を混ぜたら世界は激しく身震いし可能な生物が誕生すること。

 

 

ヘリコプリオンはその鋸歯状のとがった歯の形に、肉食生物と思われるが、彼らの歯がどうしてこんなふうに口前方に出ていたかは依然として論争の対象になっている。 もしクラゲのような柔らかい食物だけ食べた可能性もある。 ヘリコプリオンペルム紀から三畳紀に大量絶滅の中で生き残った理由は、彼らが衝撃に耐える避難所になる賢明な鱗を持っていた可能性があると。 また、そのまま深海でビンドゥン距離ていただけで運が良くて生き残ったという説もある。

 

2. リビアタンメルヴィルレイ(Livyatan melvillei)

 


スポンサードリンク
 

 

リビアタンメルビル・レイは他のクジラを捕食する鯨だ。 今までの歯を使用して食べる動物の中でも歯の最後まで約36cmという最大の歯(象の牙がもっと大きいが、それはただ力を誇示したり、物を叩いたりするために使用。犬歯を使用して食べているわけではない)を持つ。 彼らはカラーでクラスメガロドンのような海洋に住んで同じえさを捕食した。 この鯨は実際に最大の肉食ザメや、引き続き競争していたのだ。

 

 

頭は長さ約3mで現生のハクジラのような音波探知能力を持っていたものと推測。そして、彼らにその能力は濁った水の中で、さらに効果的な手段となった。 詳細は不明だが、この獣は聖書にある巨大な海の怪物、リビアタン、その"モービー・ディック"の著者ハーマン・メルヴィルを取って命名されたようだ。

 

1. 巨大香織

 

 

幅約5mまで成長し、しっぽに約26cmの毒針を備えた。 この先史時代のスーパーの魚類は、依然としてメコン川から北オーストラリアの淡水と海水の近くで潜伏している。 香織は、恐竜絶滅後数百万年から、いたる所に生息している。

 

 

巨大なエイは検証された古典的なデザインを変更せず、なぜ氷河期、膨大な鳥羽火山爆発と以後の気候の変化もよく克服し、生き残った。 現世まで生き残った先史時代の水西(スソ)生物で確実に最高トップの生物であろう。


スポンサードリンク