ピンテック次にはフードテックが来ると確信する理由10つ

金融(ピンテク)、教育(エデュテク)、農業(アグテク)、宇宙(スペーステク)....人工知能をはじめとする急速な技術の発展はソフトウェアだけでなく、既存のすべての産業を飲み込むとしている。

 

それでは、次の変革の波にさらされることにはいったいどんな産業なのか?

 


スポンサードリンク
 

 

最近、シリコンバレーの企業家と投資者たちの間で特に注目されているのは食肉(食品)業界の革新、つまり"フードテック"だ。 彼らは今後数年内に大きな変化が肉類業界に訪問する見通しとして、すでに動き始めた。

 

関係者の言葉をもとに、食肉をめぐる革新に注目しなければならない"10つの理由"を調べてみよう。

 

1. 投資収益が大きい

現在、世界の食肉産業の市場規模は約7500億ドル。 中間層人口増加などによって、2050年までその需要は2倍に増えるものと予想されている。 この産業構造が根本的に変われば、大きなチャンス社生じる。

 

また、現在の食肉の生産、流通システムは非効率的であり、"代替陸"(植物由来の肉と動物の幹細胞を培養して、人工で作られた肉)の普及が進めば、食品企業も数十億ドル規模のコスト削減につながる。

 

2. 有望な新生企業が登場している

米国とイスラエルを中心として勢いよくたフードテック新生企業が相次いで登場して、巨額の資金調達に成功している。

 

。Memphis Meats(米国):ベヤンユクの新生企業。2017年の夏のシリーズAラウンドで首位VCなどから1700万ドルを調達。

 

。Beyond Meat(米国):植物由来の肉やソーセージ、鶏肉を開発、流通大手企業のホールフーズをはじめ、すでに米国9000店のレストランと小売店で販売。


スポンサードリンク
 

 

。Impossible Foods(米国):植物由来の肉と乳製品を開発。2017年、米国内のいくつかのハンバーガーチェーンに植物由来の牛肉を提供する始まり。

 

。SuperMeat(イスラエル):鶏の幹細胞を培養した鶏肉を開発。2017年シードラウンドで300万ドルを調達。

 

 

3. 著名なビジネスリーダーが支持

セルゲイ・ブリン(グーグル/アルファベット)と金トムソン(マクドナルド)、リジャチョン(長江グループ)など、業界のリーダーたちは"代替肉こそが最も有望な技術"と明らかにした。 また、ビル・ゲイツ(マイクロソフト)とリチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ)などはMemphis Meatsには、すでにかなりの投資をしている。

 

4. 食品大手企業も協力している

興味深いことに、既存の大企業も代替肉類への転換に積極的だ。 例えば、米国の食品大手カー(Cargill)とタイソンフード(Tyson Food)は代替肉類新生企業に出資。 彼らは、低い価格や健康して伝染病の流行など意外の経営危険を避けることができる代替肉を有望商品と見ている。


スポンサードリンク
 

 

5. 人道的、道徳的

もちろん、代替肉なら、動物を殺していなくても済む。 人道的観点から菜食主義者たちも代替肉なら食べことができ、または動物愛護団体もこの動きを歓迎している。


6. 環境にやさしい

現在食肉事業は、生産、流通過程で大量の資源を必要として山林破壊や温暖化の原因になっている(肉類を生産するため、地球上の肥沃、ある土地の3分の1が使用されて、温室効果ガスの18%を輩出している)。 工場で生産可能な代替お肉なら、環境に及ぼす影響は非常に少ない。

 

7. 衛生的

現在食肉事業は感染(狂牛病鳥インフルエンザなど)及び抗生剤が効かない耐性菌(サルモネラ菌など)、生産過程で大量の化学物質の使用などの問題がつきまとう。 しかし、植物由来の代替お肉なら、このリスクについて心配する必要はない。

 

 

8. 健康になる

一般的に植物由来の肉の方が栄養が豊富で、有害な成分が少ない。 例えば、オーストラリアのフードテック新生企業"Hungry Planet"が開発した牛肉風パティの場合、従来のような量に比べてカロリーは半分に地方は低いものの、、タンパク質と食餌繊維が多く含まれている。

 

9. 財布にやさしい

代替肉といえばユキヌンの食品売り場で販売されている高架の商品を思い浮かべるかもしれないが、一般の肉類と同じくらいの価格台で提供されるようになっている。 植物由来の鶏肉を開発、販売するニュージーランドフードテック新生企業"Sunfed Meats"は、生産規模を拡大して"世界で一番安い肉を作る"とまで公言している。

 

10. 本物と味がそっくりだ

技術の向上により、植物由来でありながら既存の肉類と区別がつかない味と味覚を再現できるようになってきている。 インドで植物由来の羊肉を開発、販売する新生企業"Good Dot"は消費者テストを実施したが、"すべての人たちが植物由来の肉とは考えていなかった"と報告している。


スポンサードリンク